TEL:098-943-2100 沖縄といえば夏!というイメージが強いですよね。でも、実は冬だからこそ楽しめるポイント、そして、海やプール以外でも楽しめるスポットがあるんです♪今回の記事では冬の沖縄旅行におすすめな観光スポットからホテルまで紹介します! 所在地:国頭郡本部町字石川424 アクセス:那覇空港からレンタカー・タクシーで約100分(高速・名護東道路利用), 沖縄本島有数のリゾート地、恩納村にある、三日月型の美しいビーチとして愛される「ムーンビーチ」。, ホテルムーンビーチをおすすめする理由が、今年2016年4月にオープンした”ラグーンプール”。, 南国の植物に囲まれたプールからは、美しい海が一望!まるでアジアのビーチリゾートにいるかのようです。, ホテルムーンビーチ デザート:400円~, 沖縄で行きたいスポットNo.1は、やっぱり美ら海水族館という人が多いハズ。沖縄の海を再現した世界最大級の規模を誇り、約740種2万1,000点の生き物が展示されています。, 見所は、巨大な水槽で泳ぐジンベエザメやマンタ。ビッグスケールの水族館で、沖縄の美ら海を思いっきり体感して。広い敷地内には、海の中をハイビジョン映像で観られるシアターや、イルカショーを開催するオキちゃん劇場など複数エリアがあり、1日中楽しめます。, ©OCVB 運営は、現地体験や高速バス等の予約サイトを運営するオンライントラベル株式会社です。, 私たちは、多くのお客さまの沖縄旅行のお手伝いをしてきました。 北谷町字美浜9-20 アカラ棟 駐車場:海洋博物館駐車場利用 星野リゾートならではの女子旅をご提案!冬でも快適に過ごせる竹富島で温め美容滞在、青森で冬季限定の温泉に癒され、スノーパウダーを満喫できる北海道でスノーデビュー。日本の新しい魅力を発見する旅をお楽しみください。 店内もどことなく緩やかな時間が流れていて、中へ入ると香ばしいパンの香り。ここではパンの販売や食事、カフェタイムが楽しめます。, 【住所】北中城村安谷屋927-2【電話番号】098-979-9097 昼は青い海と空、夜は月明かりの下で、ゆっくりと過ぎゆく時間を楽しめる。お客同士の交流も盛んで、ヨガ教室や不定期で開催されるライブイベントも人気。, 【住所】南城市玉城百名1360【電話番号】098-988-8178【営業時間】10時~21時【定休日】水曜(季節により変動あり【駐車場】あり(お食事をされた方は、90分まで無料), 沖縄本島中部のうるま市から伸びる橋「海中道路」。真っ青な海の上に伸びる橋を渡ったその先には、平安座島や宮城島、伊計島などの島々が連なっています。全島突端を目指して、夏こそ楽しいうるまのドライブ旅をしてみてはいかがでしょうか?, ナゴパイナップルパークは、その名の通りパイナップルを中心に、観賞用パインの仲間「アナナス」、巨大「ヘゴ」などの亜熱帯植物を紹介しているテーマパーク。パイナップルの可愛いカートに乗って園内をぐるりと巡ります。パイナップルの果実そのものに加え、お菓子やワインなど関連製品も試食できるので甘いもの好きにはうれしいスポットですよ。, 水納島は本島から少ししか離れていない距離に位置し、訪れると驚くほどの海の美しさに圧倒されることでしょう。東から北にかけて広がる白い砂浜や、島の周りを大きく取り囲むように発達したサンゴ礁などが美景をつくり出し、真っ青な海ではバナナボート、シュノーケル、ダイビングなど、多彩なマリンアクティビティを楽しめます。島全体が三日月のような形をしていることから「クロワッサンアイランド」の名称で親しまれていますよ。, 沖縄の海を楽しむのなら一度は体験して欲しいのが恩納村の「青の洞窟」。海水の浸食によって出来た洞窟のひとつで、洞窟内部の海面が太陽光線の反射で神秘的に青く輝き、自然の偶然が重なりあった神秘的な雰囲気を体験することができますよ。, 美浜アメリカンビレッジには沖縄料理をはじめとしたグルメを楽しめる飲食店、アミューズメント施設、雑貨店、スケートボードなどのストリートカルチャー系の専門店、お土産店など多くの施設が入っています。街並みを含めて、見て回るだけでも十分楽しめる観光地ですが、さらに深く楽しく観光するなら、夕方のビーチタイムを見逃さないように。隣接するサンセットビーチは、その名の通り夕日の名所となっています。, 栄町市場は、ゆいレール安里駅から徒歩2分。国際通り、市内のホテルからアクセスがよく、昼は市場、夜は飲屋街に変身する庶民の市場です。昔ながらのマチグヮー(沖縄方言で市場界隈のこと)の雰囲気の色濃く残る場所で、店の人たちは親しみやすく、野菜や総菜などを手頃な値段で買うことができます。ほかの市場にはないどこか懐かしい雰囲気があり、リピーターが増えていくのがよくわかります。, 沖縄の海をもっと気軽に楽しみたい方へおすすめなのが、絶景カフェ。眼下に広がる青い海を眺めながらおいしいごはんを味わえば、さらに沖縄のリゾート気分を楽しめること間違いなしですよ! 景色も一緒に味わえるって、贅沢なカフェですね。, 慶良間諸島の中で一番大きな島が渡嘉敷島です。この周辺海域は水深50~60メートルの透明度を誇り、世界屈指の海の美しさは「ケラマブルー」と呼ばれています。そのため、マリンスポーツのメッカとしても有名で、特にダイビングが盛ん。国内外から多くのダイバーが訪れます。日本で確認されているサンゴのうち、約6割の約250種が生息しており、群生するサンゴは、ダイバーならずとも一度は見たいと思うほど見事ですよ。, 沖縄県本島北部の恩納村(おんなそん)にある琉球ガラスのお店「匠工房(たくみこうぼう)」。独自の工房で作られた色とりどりの琉球ガラス作品が展示販売されているほか、とんぼ玉作りなどの体験メニューもある人気店です。匠工房の恩納村店では、とんぼ玉作りの体験が人気。好きな色や模様を選んで、自分だけの作品を作り上げます。料金は1620円~とお手頃価格で体験できるのでおすすめですよ。, 「夕日の見える宿1位」を受賞したカフーリゾートから見る夕日は絶景の一言。部屋からはもちろん、プールやレストランなどホテルの至る所から眺められますよ。また、アネックス棟の最上階にあるインフィニティプールは、プールが無限に広がるような感覚になる「インフィニティプール」。日没以降は大人のみ利用可能になるので、ダイニングで飲み物や軽食をテイクアウトしてゆっくりと過ごすのがおすすめです。, 【住所】沖縄県国頭郡恩納村冨着志利福地原246-1【電話番号】098-964-7000, 賑やかな海沿いのホテルも好きだけれど、時には隠れ家のような場所でゆったり過ごしたい。そんな旅慣れた大人の願いを叶えるホテルが「ココ ガーデンリゾート オキナワ」です。南国の花々が咲くガーデンに、ヘルシーな食事、連泊で楽しみたい多彩なアクティビティ。一度体験したらもう一度味わいたくなる、大人の女性を芯から癒す2泊3日の旅へ出かけませんか。, 恩納村(おんなそん)の雄大なロケーションに囲まれるようにして佇む、白亜のホテル「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」。こちらに、新たな上質空間が誕生しました。クラブインターコンチネンタルルームおよびスイートルームに宿泊の方専用の「クラブインターコンチネンタルラウンジ」は、背伸びをすれば十分手の届くラグジュアリーな場所。女性なら誰もが憧れる、ワンランク上のもてなしを約束してくれます。夢に描いたような優雅なラウンジで、“この瞬間、ここでしかできない体験”を手に入れてみてはいかがでしょうか。, 沖縄県本島の東海岸に約80万坪の広大な敷地を誇る、カヌチャリゾート。朝はやんばるの森から、小鳥のさえずりや生き物の鳴き声が聞こえ、ビーチは自然の岩肌がそのまま残る。また、夕方にはやどかりのお引越しが見られるといった“沖縄の自然をそのまま贅沢に”感じることができるリゾートです。そんなカヌチャステイは、日常を忘れて“とにかく、ゆったり、のんびりと”がおすすめ。暮らすように過ごせるカヌチャの魅力をぜひ感じてみてはいかがでしょうか。, 沖縄の原風景を残す自然の中に、ひっそりと佇む完全プライベートヴィラ「LECEB SESOKO VILLA(レセブ セソコ ヴィラ)」。LECEBで心を動かされるのが、程よい距離感を保ったホスピタリティ溢れるおもてなし。食事やアクティビティなどの提案・予約の窓口になってくれるコンシェルジュも貴方だけの専属です。頼りになるコンシェルジュと共に、瀬底島での一生ものの思い出をオーダーメイドで創ってみてはいかがでしょうか。, 那覇空港から車で20分の瀬長島にあるリゾートホテル。ここには、海を一望できる天然温泉や極上スパ、朝のリラックスヨガなど女性にうれしいサービスが充実しています。また、昼はプールでアクティブに、夕方はリクライニングチェアでオレンジに染まる夕景を眺めるのんびり時間を過ごすことができますよ。, ヨーロッパ風のセンスあふれる調度品、独特な色づかいやデザインに心がときめきます。一方、館内では県内作家が手がけた美術品や沖縄の植物をあしらった客室のウォールアートなど“フランス×沖縄”がうまく調和したデザインが「ノボテル」の魅力。また、観光の拠点としての使い勝手の良さも申し分なし。沖縄文化のルーツが眠る「首里城」を中心とした城下町や、グルメ、ショッピング施設へ気軽に足を向けることができますよ。, 平成29年(2017)4月に発売されたサンゴに優しい日焼け止め。サンゴ礁に対してだけでなく人の肌にも優しく、SPF30程度でアウトドアに適したSPFを保持しているというのは何とも魅力的です。, 【販売場所】那覇空港内や沖縄県内の土産店など【価格】1個 550円【電話番号】050-5241-9799(ジーエルイー合同会社), 沖縄産の野菜や果物の美容成分がふんだんに入ったハンドメイド石鹸店。アセロラやアロエ、パッションフルーツなど、美容効果の高いとされている沖縄生まれの原材料が12種類使われています。ナチュラルで豊かな香りが特徴のボタニカルハンドメイド石鹸は彩りもきれいで、まるでスイーツのよう。セット商品も充実しているので、お土産におすすめです。, 【住所】沖縄県豊見城市瀬長174−6 Umikaji Terrace No,42【電話番号】0800-000-3777【価格】ボタニカルハンドメイド石鹸 2160円(税込)、CUBE石鹸BOX1(2個セット)1080円(税込), 「La Cucina(ラ クッチーナ)」は、アトピーに悩んでいたオーナーの遠山さんが、両親が営んでいた石垣島のハーブ園で収穫したハーブを用いて石鹸をつくり始めたことからスタートしました。「YUKUI:赤瓦アロマディフューザー」は、特に女性におすすめしたい人気の品。手の平に乗るサイズのディフューザーは、お好みのアロマを中心付近に数滴染みこませて使用して。火や電気を使わないので、置き場所に困りません。, 【住所】那覇市松尾2丁目5-31 1F【電話番号】098-988-8413【営業時間】12時~20時【定休日】年中無休(年末年始は休業)【駐車場】なし, JOIA DE LEQUIO(ジョイア・デ・レキオ)は宜野湾市(ぎのわんし)の住宅街にある穴場のお店。デザイナーYoshinoが手掛ける可愛い琉球ガラスアクセサリーが女性に大人気で、県内だけでなく遠方からも多くのファンが訪れます。店内にはガラス職人がひとつひとつ丁寧に手作りで作成した商品がずらり。どれも一品ものなのでお気に入りがあれば即購入がおすすめです。, 【住所】宜野湾市大山2-27-13【電話番号】098-943-0738【営業時間】11時~17時【定休日】水曜・木曜・元日, テキスタイルデザイナー・クリエイターのMIMURIさんのアトリエ兼ショップ。沖縄の動植物や風景をモチーフに描かれたカラフルな雑貨が人気です。MIMURIさんが描いたオリジナルプリントはポーチやクッションカバー、財布、カードホルダーなど、種類豊富な雑貨や小物に映し出されています。布をひとつひとつ裁断して制作しているので、柄の出具合がそれぞれ違っているのも手づくりの魅力。実際に手にとって見比べられるのも、わざわざ店に来たくなる理由のひとつです。, 【住所】那覇市松尾2丁目7-8【電話番号】050-1122-4516【営業時間】11時~19時【定休日】木曜【駐車場】なし(近隣にコインパーキングあり), 晴れやかな色づかいや可愛らしい絵柄に、心がときめく器たち。ひとつひとつの器をよく見てみると、形はまちまち。けれど、その手づくり感あふれるフォルムには、どこか人をほっこり和ませる温かさが表れています。特にトルコブルーの器は、お花や水玉などの個性的なデザインも魅力的。やちむん市などの即売会では、すぐに完売することがほとんどの人気商品です。, 【販売場所】読谷村共同販売センター、mofgmona no zakkaなど【電話番号】090-5976-6557(工房連絡先), サンエー浦添西海岸PARCO CITYの3階にあるヴィレッジヴァンガード浦添パルコシティ店では、オープンを記念して沖縄のヴィレヴァンでしか買えないグッズを販売しています。沖縄に愛される企業とコラボした新商品はどれも沖縄らしく、そして、愛らしいグッズばかりです。沖縄へ訪れた際には、サンエー浦添西海岸PARCO CITYの3階にある「ヴィレッジヴァンガード浦添パルコシティ店」も立ち寄ってみてくださいね。, 【住所】浦添市西洲3丁目 サンエー浦添西海岸PARCO CITY3F【電話番号】0120-911-790(お客様コールセンター)【営業時間】10時~22時【定休日】不定休, 沖縄アパレルの発信源にもなっているHabu Boxは、創業から38年以上にもなるプリントTシャツの老舗。沖縄の企業とコラボしたTシャツや沖縄の方言をモチーフにしたバックなど、個性あふれる商品が魅力です。持っているだけで沖縄気分になれるグッズは、レジャーやアウトドアなどで活躍してくれますよ。, 【住所】那覇市松尾1丁目2-4【電話番号】098-861-7339【営業時間】10時~20時【定休日】年中無休【駐車場】なし, 那覇空港2階の出発ロビー付近にある「オハコルテ」。「毎日のうれしいとおいしいをつくる」をコンセプトに、魅惑のスイーツをつくる焼き菓子専門店です。おすすめは、宜野座村(ぎのざそん)の手摘みシークヮーサー(ヒラミレモン)を果皮ごと絞った果汁を使用した「ヒラミーレモンケーキ」です。冷んやりと味わえる「旅するタルトサンド」も人気ですよ。, 【住所】那覇市鏡水150 那覇空港国内線旅客ターミナルビル2F【電話番号】098-840-1276【営業時間】6時30分~20時30分【定休日】年中無休, 沖縄の焼き物(やちむん)の発祥地である那覇市壺屋(つぼや)。その壺屋通り添いにある可愛らしいお店が「Craft・Gift ヤッチとムーン」です。伝統的なやちむんと、現代的なデザインの器や雑貨と一緒にコーディネートすることで、やちむんに馴染みのない若い人にも伝統的なやちむんの魅力を知ってもらう入り口になればと、商品をセレクトしディスプレイしています。, 【住所】那覇市壺屋1-21-9【電話番号】098-988-9639【営業時間】10時~19時【駐車場】なし, オリオンハッピーパークには、グッズショップもあり缶ビールなどのオリオンビール商品はもちろん、Tシャツやアクセサリー、雑貨などオリジナルのグッズが幅広くそろっています。オリジナルのスナック、オリオンビアナッツ。オリオンビールを造る時にできるビール酵母を使ったお菓子で、タコス島唐辛子、ウコンカレー、アーモンドチーズの3種の味が楽しめます。, 【住所】名護市東江2-2-1 【電話番号】0980-54-4103(工場見学予約番号) 【営業時間】9時20分~16時40分【定休日】年中無休(年末年始は休業)【駐車場】あり, オープンキッチンから次々出てくるのは、ウチナーンチュの店主が文字通り “手塩(TESIO)にかけて” つくる自家製のハムやソーセージたち。コーレーグース(島とうがらし)や伊江島のラム酒を加えたシリーズなど、沖縄素材をつかった品々が数多くそろいます。本格的なドイツ製法で生み出す逸品は、ここぞというときの手みやげにも重宝しますよ。, 【住所】沖縄市中央1丁目10-3 1F【電話番号】098-953-1131【営業時間】11時~19時【定休日】月曜, たびらいのローカル案内役が那覇のホテルを厳選!最安値で泊まれる宿、目的別の「推し宿」特集、満足度が高い施設ランキングなどで紹介します。. 夏に比べると旅行代金がぐんとお得で、冬も人気の沖縄。常夏のイメージの沖縄ですが、12月~3月は沖縄も沖縄の冬を迎えています。とはいえ本州に比べて暖かい沖縄の冬って一体どんな感じなの?気温や服装は?この時期だから出来る遊びや観光ってあるの? オリジナルデザインTシャツ 2,990円~, 沖縄随一のリゾートとして有名な「ザ・ブセナテラス」。一度は泊まってみたい、憧れのリゾートホテルですよね。, 三方を碧い海に囲まれ、一年中南国の花が咲くリゾート。施設の素晴らしさはもちろん、上質なおもてなしに、日頃のお仕事の疲れも忘れてしまいます。, ザ・ブセナテラス その2 古宇利大橋 癒しの旅をテーマにおすすめの宿(ホテル・旅館)、温泉、レジャースポットをナビゲートする「旅色」。ご当地自慢のグルメや観光情報が満載。有名女優や著名人が大人の旅の魅力を伝えます。 女子旅の人気旅行先として不動の人気を誇るリゾートアイランド、沖縄!夏休みを控え、これから沖縄に行こうと計画を立てているも多いのではないでしょうか?, 女子同士での気取らない旅は、ホントに楽しいもの。沖縄の見どころは数あれど、女子グループでのんびり気兼ねなく行けて、王道もしっかり押さえる、おすすめのスポットをご紹介します。絶景を眺めたり、街遊びをしたり、楽しさいっぱいの計画を立てて、良い旅を!<もくじ>1.女子旅おすすめ!絶景スポット5選 沖縄の魅力をいっぱい感じて、自分のパワーをチャージしましょう。, ライセンス取得、ファンダイブ、体験まで沖縄のダイビングならオーシャンズダイブツアー, 沖縄ラボは、沖縄をすみずみまで、思いきり楽しむためのウェブメディア。 所在地:恩納村字瀬良垣2260 住所:那覇市松尾2-12-3 その2 斎場御嶽 金細工のアクセサリーや、ドイツ人デザイナーが手掛けたハイセンスなサンダルもおすすめ。, Habu Box(アカラ店) 所在地:恩納村前兼久1203 女性の海外旅行の準備に便利な持ち物リストなら日本旅行の女子旅サイトたびーらへ。女性ならではの旅行に必要な持ち物のリストで用意を万全に。カスタマイズも自由自在なので、海外旅行の準備の際はぜひご活用ください! 家族で楽しめる沖縄の人気観光スポットをご紹介。 沖縄ならではのグルメスポットに水族館、お買い物スポットなど盛りだくさん。 自然溢れる離島でのんびり過ごすのもおすすめ。 冬休みの家族旅行に沖縄を訪れてみては? 定休日:無し 営業時間:11:00~21:00 女性同士で沖縄のリゾートをたっぷり楽しむための情報が満載!現地編集部が教えるおすすめ観光情報や、ツアー、ホテル、アクティビティ、レンタカーの格安プラン情報など、沖縄を旅行する前に調べておきたい情報を一挙に紹介します。癒やしとご褒美にエステ・スパもはずせませんよ。 透き通った海に青い空。外国のような街並みにグルメ。沖縄は女子旅には見逃せませんよね。でも、2泊3日の限られた旅行日数では楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまいます。そこで今回は女子旅にぜひおすすめしたい沖縄2泊3日の旅行プランを観光情報と合わせてご紹介します。 アクセス:那覇空港からレンタカー・タクシーで約60分(高速利用), 沖縄本島からさらに南西に400km、石垣島の西部にある「フサキリゾートヴィレッジ」は沖縄らしい赤瓦の屋根が印象的なコテージ型リゾート。, 注目は2015年にオープンしたての新館「ガーデンテラス」。最大6名で利用できる40平米以上の広めのお部屋は、グループ女子旅におすすめです♪, フサキリゾートヴィレッジ 売店:有り 住所:那覇市おもろまち4-1 沖縄県北谷町にある大型商業施設。リゾートファッションや沖縄土産、雑貨、グルメなど約90店ものショップがズラリと並びます。本格的なハンバーガーや沖縄料理など地元ならではの味も堪能。1日中遊べるリゾートタウンです。, ■デポアイランド 冬の沖縄旅行!あると便利な持ち物紹介(^-^)@シーパーク北谷; 沖縄の冬の観光は悪天候でも楽しめるマリンスポーツ&海遊びがおすすめ!年中開催中マリンアクテビティ!@シーパーク北谷; 沖縄観光の冬に『船釣り体験』がおすすめ! 沖縄 女子1人旅 パワースポットへ 路線バスでの移動の旅。。じゃらんユーザーが実際に旅した旅行記を投稿。おすすめの観光ルートが多数掲載。おススメの旅行記やランキングも。観光コース・観光ルート情報ならじゃらんnet。 沖縄企業のロゴをあしらったものや、沖縄を代表する木版画家・名嘉睦稔が版画で描いたものなど、ユニークなTシャツがズラリ。 【楽天トラベル】女子旅は日常を忘れて思いっきり旅を満喫!温泉に癒されて、絶景に感動して、宿泊先でのんびり過ごすのも女性同士の旅行だからできること。女性におすすめの国内旅行・航空券+宿のプランをご用意しました! 女子旅のメッカといえばやはり人気は沖縄。昨今は定番の観光スポット以外にもsnsで映えるフォトジェニックなスポットが注目を集めています。その中でもインスタ女子にオススメスポットを厳選してご紹介!南国で上がったテンションそのままにsnsにアップして「いいね! 1950~60年代のアメリカをイメージした北谷町にある本店に比べ、2号店では時代をさらに遡った1920代初頭のクラシカルな雰囲気があります。常連として通う外国人客も絶えず、沖縄にいながらも異国情緒を存分に満喫できます。, 【住所】嘉手納町水釜189-1【電話番号】098-956-7570【営業時間】11時~21時【定休日】不定休【駐車場】あり, 本島北部の西海岸にある県内屈指のリゾート地の恩納村(おんなそん)。人気観光スポットの万座毛(まんざもう)からも近く、「万座ビーチリゾートホテル」入口の向かい側、国道58号線沿いに「田中果実店」はあります。目印はブルーとイエローが鮮やかな外観。行列ができるパンケーキ専門店「Hawaiian Pancakes House Paanilani(パニラニ)」の姉妹店として2014年にオープンしました。, 【住所】沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣2503【電話番号】070-5279-7785【営業時間】11時~18時(イートインは17時30分まで)【定休日】火曜、水曜, 本部半島の小高い山の上に佇む赤瓦の古民家カフェ。この場所を訪れたオーナーの知人が書いた言葉「花ニ逢ハン 人ニ逢ハン(花のような人に出逢える場所)」が、後に『花人逢(かじんほう)』という店の名前に。地元やんばるのわき水を使ったこだわりの生地のピザがメインメニュー。地元の特産物・アセロラの生ジュースやキンキンに凍らした『マンゴーの森』は観光客が喜ぶ南国の味。季節の野花に囲まれた古民家からの眺望は、まさに絶景。食後も景色を楽しむ人たちで賑わっています。, 【住所】沖縄県国頭郡本部町山里1153-2【電話番号】0980-47-5537【営業時間】11時30分~19時(ラストオーダー 18時30分)【定休日】火曜・水曜【駐車場】あり(40台), 那覇市牧志(なはし・まきし)の一角に佇む「Ti-da Beach Parlour(ティーダビーチパーラー)」は、南国テイストのアイテムがそろう雑貨店「Ti-da Beach(ティーダビーチ)」の姉妹店。 見る・知る・遊ぶ・食べる・泊まる・買う――数えきれない沖縄での過ごし方を、私たちは一つずつピックアップ。, 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。. その5 デポアイランド4.女子旅おすすめ!注目のリゾートホテル5選 その1 首里金城町石畳道 けれど、沖縄の魅力は――海・緑・生き物・文化・歴史・食――数え切れず、まだまだ伝えきれていない魅力があります。また、一度も沖縄へお越しになっていない方も、大勢いらっしゃいます。, そこで、もっと沖縄を好きになってもらいたい、足を運んでほしいと思い、この「沖縄ラボ」を立ち上げました。 その5 瀬底ビーチ2.女子旅おすすめ!観光スポット5選 首里城から南部に続く主要道路として、16世紀中ごろに整備された琉球石灰岩の石畳道。石畳道じたい、日本の道百選に選ばれた美しい古道なのです。, 途中に階段があり、そこからの眺望は、まさに沖縄風情を感じるもの。赤瓦民家が建ち並び、ゆったりとした沖縄時間が流れています。撮影スポットは「石敢當」の石碑が目印。, 石畳道から少し横にそれたところにある、天然記念物、推定樹齢200年以上といわれる、首里金城町の大アカギ。年に1度だけ神様が降りてきて、願い事をかなえてくれるという言い伝えを信じて、みんなでとっておきのお願いをしてみてはいかがでしょうか?, 石畳道をのんびり散策したら、伝統のお茶でひと休みを。首里城龍潭公園近くにある嘉例山房(かりーさんふぁん)は、沖縄古来の飲み物「ぶくぶく茶」が名物。茶せんで泡を立ててつくってくれます。, ■嘉例山房 アクセス:那覇空港から車で約1時間40分 TEL:098-936-8239 その1 国際通り 定休日:木曜 マリンアクティビティ:不可, ©OCVB レンタル:パラソル、サマーベッド 等 その5 フサキリゾートヴィレッジまとめ, 【PR】GoProはレンタルでまずはお試し!¥500offクーポンコード【LABO2020】でもっとお得に, ©OCVB なお時期によりセールも実施していますので、行こうと考えている方は公式ホームページも要チェックです。, ■Tギャラリア 沖縄 沖縄の観光シーズンといえば、マリンアクティビティが楽しめる春から秋にかけての時期に集中します。でも、冬の沖縄は魅力がないのでしょうか? そんなことはありません。むしろ、飛行機代や滞在費がリーズナブルになるオフシーズンの冬こそ、沖縄を満喫でき 隣接する第一牧志公設市場では、色鮮やかな沖縄の魚や豚肉、島野菜などあらゆる食材が並び、沖縄文化をのぞくことができます。, 2004年に開業したDFSギャラリア沖縄が2014年、日本で唯一の路面型免税店、Tギャラリア沖縄としてリニューアル。ファッションをはじめ、レザー商品やコスメなど、世界のトップブランドのアイテムを、パスポートが無くても免税価格で買うことができます。駐車場も完備されているので、沖縄観光の拠点としても便利。 ネオンサインとお花に囲まれた小さなスムージー屋は、オーナーの永山(ながやま)さん夫妻が「観光客へのおもてなしを、何か新しいカタチで提供したい」「もっと旅の楽しみを広げたい!」との想いでオープン。トレンドに敏感な女子たちを中心に評判となり、スマホやカメラを手にした人々が、連日ひっきりなしに訪れます。, 【住所】那覇市牧志2丁目7-18【電話番号】098-894-8828【営業時間】10時~ラストオーダー18時(土・日曜、祝日は12時~オープン)【定休日】不定休【駐車場】なし(店の隣にある有料P利用で、ドリンクメニュー100円OFF), 店内はシャンデリアが輝き異国情緒は満点。テラス席は開放溢れる空と海、そして美しい夕日と、いくつもの雰囲気が味わえるダイニングカフェです。海を眺めながらのんびり過ごすのはもちろん、テラス席は水着のまま入店可なので、海水浴途中の食事もOK。ランチメニューはメインのほか、+500円でサラダやスープ、デザートに、ドリンクバーが付くビュッフェも楽しめるのでお腹もいっぱい、気持ちもハッピーになりますよ。, 【住所】豊見城市豊崎5-1 豊崎美らSUNビーチ内【電話番号】098-840-6333【営業時間】11時~19時(ラストオーダー18時)※ランチは11時~15時【定休日】水曜【駐車場】あり, 北中城村安谷屋(きたなかぐすくそん・あだにや)の風が通る、小高い丘に佇む一軒の外人住宅が、PLOUGHMAN’S LUNCH BAKERY。ここでは、パンとカフェタイムが楽しめます。緑溢れる空間は、まるで森の中にいるよう。 住所:本部町瀬底2281-1 沖縄で女子旅♡沖縄にはインスタ映え間違いなしの女子旅スポットがたくさんあるんです♡今回は、あまり知られていない筆者おすすめの穴場スポット9選と、お洒落カフェを3選ご紹介♪この記事を読んで周りの女子と差をつけちゃいましょう♡ その2 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート 沖縄のパワースポットとして有名な斎場御嶽(せーふぁーうたき)は、琉球創生の神、アマミキヨが国始めに造った七御嶽(うたき)のひとつとされています。御嶽のなかでもっとも格が高いといわれ、巨岩の隙間を抜けると遥か彼方に久高島が。たたずむと、聖なる気配が感じられるはず。木々の間から差し込む光や、そよぐ風に身体をあずけて。, 斎場御嶽のすぐ近くにあるニライ・カナイ橋は、橋の真ん中で名前が分かれている全長1,200mの橋。絶景のドライブスポットとして知られ、車窓から雄大な太平洋のパノラマを楽しむことができます。“ニライ・カナイ”とは神々が住む島という意味があるそう。まさにその名の通り、神の宿る南の楽園風景に出会いに行きませんか。, ©OCVB 巡る、沖縄女子旅2泊3日 writer:編集部(2019.04.02) 仲良し女子と沖縄旅行に行きたいけど、誰も運転免許を持ってないな〜と、あきらめているあなた! その5 栄町3.女子旅おすすめ!カフェ・買い物スポット5選 定休日:火曜、水曜 時には1人で旅に出てみたい♪自分のペースで自分の好きな所へ気の向くまま巡る。今までご紹介した全国の女子ひとり旅のスポットから特におすすめのスポットを厳選してご紹介します♡ひとり旅選びの参考にしてくださいね! ましたか。美しい景観でまったりしたり、沖縄のソウルフードを食べたり。 所在地:名護市喜瀬1808 定休日:無休 その1 美ら海水族館 TEL:0980-47-4774 沖縄本島北部の屋我地島と古宇利島を結ぶ、全長1,960mの橋。橋の両側には輝くような海が広がり、その美しさに観光客はもちろん、沖縄本島からもたくさんの人が訪れる人気の絶景スポット。橋の両側には古宇利ビーチがあるので、ドライブ途中のひと休みや海水浴で利用すれば、さらにテンションがアガること間違いなし!, ©OCVB古宇利ビーチは古宇利大橋のたもとに広がる美しいビーチ。橋のそばには「古宇利島ふれあい広場」という、売店や飲食店・シャワー等の設備が整った施設があるので、観光客のほか地元の人たちもたくさん海水浴に来ています。サラサラの白い砂浜がまぶしいビーチです。, 古宇利島の北に位置するティーヌ浜。ビーチから10mも離れていないところに「ハートロック」と呼ばれる奇岩が。古宇利島はもともと、沖縄版アダムとイブの言い伝えがある島で、ティーヌ浜は恋人の聖地とも呼ばれる幸せのパワースポットになっています。「嵐」が出演したJALのCMで使われたことで有名になりました。, ゾウの鼻に似た奇岩で知られる沖縄の有名な景勝地。高さ約20mの断崖絶壁から、壮大な東シナ海の景観が望めます。崖の上には約80m続く遊歩道もあり、ビュースポットを堪能しながら散策を楽しんで。サンセットタイムもおすすめです。, ©OCVB 夏に比べると旅行代金がぐんとお得で、冬も人気の沖縄。常夏のイメージの沖縄ですが、12月~3月は沖縄も沖縄の冬を迎えています。とはいえ本州に比べて暖かい沖縄の冬って一体どんな感じなの?気温や服装は?この時期だから出来る遊びや観光ってあるの? 【那覇】女子旅の朝ごはんに!国際通りで楽しむ沖縄グルメ5選. 女性向けアメニティが充実した客室や美容器具レンタル、ネイルやアロマ、アフタヌーンティーなど、女子旅におすすめのホテルを紹介。「ひと味違う素敵な旅行・思い出作り」は、沖縄のホテル1,300件の中から厳選したホテル予約サイト - たびらい沖縄 営業時間:ランチ/11:30~16:00(LO 15:30)、ディナー/18:00~23:00(LO 22:00) その3 オクマ プライベートビーチ & リゾート 沖縄で女子旅!OZ 日本のイイトコドリップ。沖縄を旅すると感じる「のんびりしていきなよ」というおだやかなメッセージ。美しい大自然を間近にできる本部エリアで、おおらかに生きることの素晴らしさを体感して。さぁ、沖縄・本島テーゲーゆるゆるトリップへ。 Copyright © Pam, Inc. All Rights Reserved. 夏休みの女子旅におすすめの沖縄。カラフルなドリンクや店内がインスタ映えするカフェや、絶景ビーチなど、20代女子におすすめのスポットをまとめました! 沖縄女子旅の参考にしてくださいね♡ 設備:更衣室/トイレ/シャワー、ロッカー(有料)、等 国内の旅行先として大人気の沖縄。日本にいながら透き通る海を堪能でき、ごはんもおいしくてショッピングも楽しい。でも、話題のスポットや観光名所へは車がないと行きがたい。そう思っている人、多いのでは? そこで【バスとモノレールでめぐる1泊2日の… | daily more その3 やちむん通り その3 万座毛 女性同士で沖縄のリゾートをたっぷり楽しむための情報が満載!現地編集部が教えるおすすめ観光情報や、ホテル、アクティビティなど、沖縄を旅行する前に調べておきたい情報を一挙に紹介します。癒やしとご褒美にエステ・スパもはずせませんよ。, 女子同士気軽に楽しめる人気のアクティビティをたびらいが調査! 話題の新アクティビティや女子に嬉しい設備が充実したものまで全てご紹介します。, 沖縄に来たらやっぱり“南国リゾート”を味わいたいものですよね…。海の見えるテラス、沖縄の素材を使ったスパやエステなど、女子旅でこそ楽しめるホテルでの「ご褒美旅行」を堪能ください。, 沖縄に来たら絶対に抑えておきたいのが「インスタ映えスポット」。フォトジェニックなスポットや、おしゃれな空間のカフェ、異国に来たかのような街並み…何度も訪れたくなるようなフォトジェニックな旅へご招待します。, 北谷のアメリカンビレッジ内で人気のコーヒースタンド。オーシャンフロントに建つ店舗はアメリカ西海岸をイメージさせる雰囲気で外国人のリピーターも多く、店内にはオーナー自らがポートランドから直接買い付けた家具や雑貨が並び、洗練されたインダストリアルな空間に仕上がっています。, 【住所】沖縄県北谷町美浜9-46ディストーション シーサイド ビル1F(アメリカンビレッジ内)【電話番号】098-989-5023【営業時間】9時~日没まで【定休日】不定休【駐車場】あり, 近年、沖縄で再ブームが巻き起こっているハンバーガー。そんな今だからこそ、押さえておきたいのが、地元の有名店「ゴーディーズ」です。