受賞スピーチをしました。 マララさんのノーベル平和賞(2014)授賞式のスピーチ① ※一部抜粋 私が マララさんのノーベル平和賞(2014)授賞式のスピーチ② ※一部抜粋 えを表明 10歳の時、美しく観光で有名であるワストは、テロの場所へと変わりまし た。 (マララさんのスピーチからの抜粋) New Horizon 1ではLetʼs Readに宮沢賢治の有名な作品を平易な英語で掲載しており, New Horizon 2ではLetʼs Readの教材数が増えるとともに名作鑑賞が加わり,さら … 11日、ノルウェーのオスロで行なわれたノーベル平和賞の授賞式。マララ・ユズフザイさん(17)のスピーチに心が震えました。スピーチ全文と、昨年の国連演説全文のリンク先も紹介します。 ノーベル賞受賞式におけるマララさんのスピーチ全文(英語/日本語訳) パキスタン人のマララ・ユスフザイさん(17)が今朝未明ノルウェーの首都、オスロで行われたノーベル平和賞授賞式で. 2014年のノーベル平和賞を、マララユスフザイさんが受賞しましたね。去年、2013年の7月12日に行われた、マララユスフザイさんの国連演説スピーチについて、英語の全文を日本語対訳つきでまとめました。マララさんのスピーチはスピードもゆっくりめ 今年のノーベル賞の授賞式が行われた。なかでもひときわ大きな注目を集めたのが、ノーベル平和賞を史上最年少の17歳で受賞したマララ・ユスフザイだろう。受賞スピーチでは「どうして『強い』といわれる国々は戦争を生み出す力がとてもあるのに、平和をもたらすにはとても非力なの? ちなみに、マララちゃんがまとっているピンクのショールは、2007年にテロリストによる銃撃と自爆テロにより暗殺されたベナジル・ブット元パキスタン首相のものである。 (以下、マララちゃん国連本部でのスピーチ日本語訳) マララ・ユスフザイさんは、先日のノーベル平和賞の授賞式で、スピーチしました。 一部抜き出します。 私が10歳の時、美しく観光で有名であるワストは、テロの場所へと変わりました。 マララ・ユスフザイ ̶̶教育のために声をあげた少女の物語̶̶ “One child, one teacher, one book, and one pen can change the world.” 2013 年7 月12 日,1 人の少女が国連で教育の重要性について世界に訴えました。タリバンの 恐怖にも負けず,声をあげて闘い続ける彼女。 マララさん タリバーン支配を偽名で発信 ブログ終了間際に本名公表 ノーベル平和賞に決まったマララさん。 2009年1月、タリバーン支配下の地域からブログで厳しい生活の様子を、決死の覚悟で発信しまし … マララ・ユスフザイ(ユースフザイまたはユサフザイ)氏とはパキスタン出身の女性で人権運動家です。 2012年 10月9日、通っていた中学校から帰宅するためスクールバスに乗っていたところを複数の男が銃撃。 頭部と首に計2発の銃弾を受け、一緒にいた2人の女子生徒と共に負傷した ミシェル・オバマ来日スピーチ(抜粋)―未来を切り開く女子教育 「6,200万倍の私」 Just Take My Story, and Multiply it by 62M.