フレディの死後メンバーを驚かせた逸材、アダム・ランバートとクイーンの初ライブを回想 2018.07.13 12:00 クイーン伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』、監督が語る完成に至る苦悩と情熱 四人の顔が一つになったジャケット、作詞作曲がメンバー名ではなく全曲クイーン名義になったこと、これだけでもクイーンがバンドとしての一体感を強調していることが痛いほど分かります。 Did anyone notice that Freddie’s hand covers the exact spot on the backdrop where he was born ? 人気の高い『radio ga ga』はロジャーの作詞・作曲によるもので、後期のクイーンではソングライティングでも存在感を発揮しています。 ソロ活動も他のメンバーに比べ活発なロジャーは、今までに5枚のオリジナルアルバムを発表しています。 Bri, A post shared by Brian Harold May (@brianmayforreal) on Jul 13, 2019 at 11:59pm PDT. クイーン(Queen) のアルバム一覧から、そのアルバムに入っている曲(動画)を歌詞(日本語、英語、日本語訳、和訳付きで)すぐに視聴(試聴)することが出来ます。クイーン(Queen) のアルバム毎の曲(動画)をまとめたページです。 ジョン・ディーコン . ジョン・リチャード・ディーコン(John Richard Deacon、1951年8月19日 - )は、イギリスのミュージシャン。 ロックバンド、クイーンのベーシスト。 「マイ・ベスト・フレンド」、「地獄へ道づれ」、「ブレイク・フリー (自由への旅立ち)」などのヒット曲を作詞・作曲した。 ジョン・リチャード・ディーコン(英語: John Richard Deacon、1951年8月19日 - )は、イギリスのミュージシャン。ロックバンド、クイーンのベーシスト。「マイ・ベスト・フレンド」、「地獄へ道づれ」、「ブレイク・フリー (自由への旅立ち)」などのヒット曲を作詞・作曲した。, クイーンのオリジナルメンバーの中で最年少。温厚な人柄で、メンバー間の衝突で訪れたバンド解散の危機を幾度も救った。ベース以外にもギター、ピアノなどの演奏も出来るマルチプレイヤーである。また、ドラムも少々たしなむ(ワン・ヴィジョンのミュージック・ビデオでも確認する事が出来る)。クイーンのメンバーでは、一番多くの子をもうけた。, クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーを1人のアーティストとして尊敬しており、「クイーンのボーカルはフレディしかいない」と発言している。また、彼自身が歌うことやコーラスをとることは少なく「自分は音痴だ」とも語っている(ミュージックビデオ内で歌っているような姿が見えるが、口パクであることがほとんどである。ライブではコーラスを取ることもしばしばある。)。, テイラーとはプライベートでも仲がよく、特に80年代は双方の家族ぐるみで遊びに行っている。, 電子系の大学を卒業しており機械関係に強かったため、ブライアン・メイや自身のエフェクターやアンプをたびたび作製したり改造するなど、演奏や作曲以外でもサウンド面でバンドに貢献していた。中でも、メイが使用していたディーコン作製のオリジナル・アンプ、通称“DEACY AMP(ディーキー・アンプ)”は、ギター・レッド・スペシャルとエフェクターとギターテクニックの組み合わせにより七色のサウンドを出すことが可能だった。, レスターシャーのオードビーに生まれ育つ。7歳の頃に両親から買い与えられた、おもちゃのギターから音楽に興味を持つ。音楽と並行して機械いじりにも興味を示し、無線装置などで遊んでいたという。この機械に対する興味が後々、彼の進路と音楽活動に影響を与える。新聞配達で稼いだ金銭でアコースティック・ギターを購入したのが本格的な音楽活動の第一歩である。14歳から「ジ・オポジション」というバンドにリズムギターで加入するが、そこにいたベーシストがバンドのレベルに次第についていけなくなったため脱退し、ディーコンがベースに転向する。後に同じ名のバンドが現れたため「ザ・ニュー・オポジション」さらに「ジ・アート」と改名する。このバンドはディーコンがロンドン大学のチェルシー・カレッジ (en) 電子工学科に入学するまで続けられた。大学に入ってからは学業に専念し、チェルシー・カレッジを首席で卒業、名誉学位を与えられる。, 大学在籍時から友人と趣味程度のバンドを組んだが、数回の活動で終わってしまい、その後、いくつかのバンドのオーディションを受けたがすべて落選した。1971年1月に友人のクリスティン・ファーネルと行ったディスコで、ファーネルの友人であるブライアン・メイとロジャー・テイラーに会い、ベーシストが定着していなかったクイーンのオーディションを受け採用された。採用の決め手は、ベースの腕前もさることながら、ディーコンが謙虚な人柄で(脱退したベーシストらは自己主張が強かったという)機械に強かったからだと言われている。, ボーカルをしなかったことや、バンド内では最年少だったこともあり、当初、ディーコンの存在感は薄く、他の3人に比べると作曲を始めるのは遅かったが、3枚目のアルバム『シアー・ハート・アタック』収録の「ミスファイアー」で初めて自作曲が採用される。4枚目のアルバム『オペラ座の夜』では2曲目の自作曲「マイ・ベスト・フレンド」が収録され、全英7位、全米16位のヒットとなった。この曲ではマーキュリーが生ピアノでなくては弾きたくないと拒んだため、ディーコン自身がエレクトリックピアノを弾いている。, その後、アルバム毎に自作曲1、2曲をコンスタントに提供するようになり、全世界で700万枚セールスを挙げたマーキュリー生前のクイーン最大のヒット曲「地獄へ道づれ」(全米1位、全英7位)、全英3位の他、世界数カ国でナンバーワンヒットとなった「ブレイク・フリー(自由への旅立ち)」など、寡作ながらもクイーンの代表作となる曲を発表し、バンド内での存在感を増していった。, また、前述のギターアンプ“Deacy(ディーキー)”等を制作。その学歴を生かし、バンドに貢献した。, ファーストアルバム『戦慄の王女』のクレジットでは、「ディーコン・ジョン」とクレジットされているが、これは、そのほうが響きがいいからという理由で、メンバーが判断し、そうクレジットされたと考えられる。実際に初期の音源では、司会者に「ディーコン・ジョン」と紹介されていることから、誤植ではなく意図的なものだということがわかる。その後、ジョンは「自分の名前はジョン・ディーコンだ、直してくれ!」と激怒。その後のセカンドアルバム以降は元の表記に戻っている。, ディーコンにとっての最初のベース・ギターはオポジション時代のエルコに始まり、ほどなくしてリッケンバッカーの4001となった。クイーンではフェンダー・プレシジョン・ベースが主に使用され、何度かの塗装変更などが行われた。後期にはロジャー・ギフィンによるカスタム・ベースも使用した[1][2]。またミュージックマンのスティングレイ・ベースも使用していた[3]。, ディーコンは、ボーカルをしなかったため、クイーンの他のメンバーのようにソロアルバムを発表することはなかった。クイーン以外のミュージシャンとコラボレートして発表した作品はいくつか存在する。1983年にシン・リジィのスコット・ゴーハム、バッド・カンパニーのサイモン・カークとミック・ラルフス、プリテンダーズのマーティン・チェンバースらと“MAN FRIDAY and JIVE JUNIOUR”名義で、ジャム・セッションから生まれた“Picking Up Sounds”を、また1986年には、イギリス映画『Biggles』のための即席ユニット“The Immortals”名義で、ディーコンが作曲に携わった“No Turning Back”をそれぞれシングル発表している。どちらも、商業的に成功することはなかった。, 後者の“No Turning Back”は、後に本田美奈子が「ルーレット」と改題して日本語カバーしている。, マーキュリーの死後は音楽活動には消極的になったようで、追悼コンサートの参加にも当初は否定的で、メイとテイラーの説得によって、ようやく参加を決めたという。「フレディの声以外でクイーンの曲を演奏するのは考えられない」として、下記の数回以外に参加はしていない。, 1997年以降、表舞台に出る機会が減少したため、引退の真相は不明だったが、2004年にテイラーが「ジョンは事実上、引退している」と発言したほか、クイーンと付き合いの長い東郷かおる子が寄稿したクイーン+ポール・ロジャース日本公演(2005年)のパンフレットには「音楽業界から引退」と記載された。, クイーンの広報担当者が『Daily Mail』紙に語ったところによると、バンドが運営する事業の平等な株主でもあり、資産も多く、引退後はひっそりと暮らしているという[6]。メイは「今の生活は彼が選んだことだし、僕らにも連絡はないんだ。ジョンは最初から繊細な人だったからね」、テイラーも「一切、音沙汰はない」と語っている。, テイラーによると、元来、ディーコンは表舞台に出るのが苦手で、音楽業界の慌ただしさや狂騒をストレスだと感じていたようで、マーキュリーが亡くなったことで、さらに内にこもるようになってしまったという。それでも「今でも俺達と同じクイーンの一員であることに変わりはないよ」と話している。, また、イギリスのリッチリストによると、「ジョン・ディーコンはツアーには参加しなかったが、著作権使用料と『ウィ・ウィル・ロック・ユー』の長きにわたる成功により、利益を得た」とされている。近年ではMyspace上に自分のページを設けたり(すぐに閉鎖)、時折、自らのファンサイトに書き込みをするなどしている。, 戦慄の王女 - クイーン II - シアー・ハート・アタック - オペラ座の夜 - 華麗なるレース - 世界に捧ぐ - ジャズ - ザ・ゲーム - フラッシュ・ゴードン - ホット・スペース - ザ・ワークス - カインド・オブ・マジック - ザ・ミラクル - イニュエンドウ - メイド・イン・ヘヴン, Queen's First EP - グレイテスト・ヒッツ - グレイテスト・ヒッツII - クイーン・ロックス - グレイテスト・ヒッツIII 〜フレディー・マーキュリーに捧ぐ〜 - クイーン・イン・ヴィジョン - ジュエルズ - ジュエルズII - 伝説のチャンピオン〜アブソリュート・グレイテスト - ディープ・セレクション 1973-1976 - ディープ・セレクション 1977-1982 - ディープ・セレクション 1984-1995 - アイコン - クイーン・フォーエヴァー - グレイテスト・ヒッツ・イン・ジャパン, ライヴ・キラーズ - ライヴ・マジック - アット・ザ・ビーブ - クイーン・ライヴ! Sorry to lose your comments on this post – operator error here !!! クイーンというバンドのパズルの最後の1ピースを埋めたのは . 映画『ボヘミアン・ラプソディ』ついに公開! 英国から世界へと力強く羽ばたいた伝説のロック・バンド、クイーンはいかにして伝説となったのか? 光と影に彩られたその波瀾万丈のキャリアを、ざっくりダイジェストで振り返り。これだけ読めば基本はok! ブライアン・メイ(ギタ… クイーンのアルバムの最後を締め括る曲として、「The Show Must Go On」以上に相応しいものがあるだろうか? あらゆる点において完璧なこの曲。これはまた、4人のメンバー全員が作詞・作曲に参加し … クイーンのメンバーは、どの人も高学歴で、ジョンディーコンもその1人です。 ジョン・ディーコンはBeauchamp Grammer Schoolを優秀な成績で卒業すると、1969年にロンドン大学(London University)のChelsea Collegeに入学し、電子工学を専攻しています。 !ウェンブリー1986 - オン・ファイアー/クイーン1982 - 伝説の証/クイーン1981 - ハンガリアン・ラプソディ〜クイーン・ライヴ・イン・ブダペスト1986 -ライヴ・アット・ザ・レインボー‘74 - オデオン座の夜〜ハマースミス1975 - オン・エア〜BBCセッションズ, コンプリート・ワークス(英語版) - CDシングル・ボックス(英語版) - ボックス・オブ・トリックス(英語版) - アルティメット・クイーン(英語版) - クイーン・プラチナム・コレクション - シングル・コレクション Vol.1 - シングル・コレクション Vol.2 - シングル・コレクション Vol.3 - シングル・コレクション Vol.4, グレイテスト・フリックス - ライヴ・イン・ジャパン - レア・ライヴ - グレイテスト・ビデオ・ヒッツ1 - グレイテスト・ビデオ・ヒッツ2 - オン・ファイアー/クイーン1982 - ハンガリアン・ラプソディ〜クイーン・ライヴ・イン・ブダペスト1986 - オデオン座の夜〜ハマースミス1975 - グレイテスト・ヒッツ・イン・ジャパン, Queen I Tour - Queen II Tour - Sheer Heart Attack Tour - A Night at the Opera Tour - Summer Gigs 1976 - A Day at the Races Tour - News of the World Tour - Jazz Tour - Crazy Tour - The Game Tour - Hot Space Tour - The Works Tour - Magic Tour, 楽曲一覧 - フレディ・マーキュリー追悼コンサート - マーキュリー・フェニックス・トラスト - ウィ・ウィル・ロック・ユー (ミュージカル) - スマイル - クイーン+ポール・ロジャース - クイーン+アダム・ランバート - ボヘミアン・ラプソディ (映画) (サウンドトラック) - レッド・スペシャル - スパイク・エドニー(英語版) - ジム・ビーチ(英語版) - ジョン・リード(英語版), Ernie Ball Announces 40th Anniversary StingRay, ピンク・フロイド、クイーン、クラプトン、ジェネシスによる幻のチャリティライブを振り返る, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジョン・ディーコン&oldid=80880960, ジャイブ・ジュニア・アンド・マン・フライデイ (Jive Junior And Man Friday):ピッキング・アップ・サウンズ (Picking Up Sounds)(1983年), ザ・イモータルズ (The Immortals):ノー・ターニング・バック (No Turning Back)(1986年、『. フレディ・マーキュリー(リードボーカル) 2. クイーンほどの大物バンドともなれば、あちこちで名前が出てくるのでやはり聞かないわけにはいかない。 筆者は初期のアルバムから聞き始めたのだが、割と発売順に聞いていった覚えがある。 長い活動歴のあるバンドだから音楽性の変遷も相当なものがあるが、筆者が気に入ったのは初期の頃のアルバムだった。 そんな中でどれがいいのか、となるとこの「オペラ座の夜(A NIGHT AT THE OPERA)」だ。 いや、他のアルバムもいいのだが、なぜ「オペラ座の夜(A NIGHT AT THE OPERA)」を選んだ … こちらでは、クイーンのバラードなどおすすめの泣ける名曲をまとめてみた。クイーンのバラードなどおすすめの泣ける名曲を10曲選んでみたが、どれも個性的でさすがクイーンといった感じ!しかし後期には歌詞などにも変化が見られ、涙なしには聞けない。 2019/08/25 © 2020 Back To The 80’s All rights reserved. 歌手の本田美奈子さんが亡くなってもう13年。そんな本田美奈子さんを【直撃!シンソウ坂上】が取り上げます。映画『ボヘミアンラプソディ』が大ヒット中ですが、クイーンのメンバー(ギタリスト)ブライアン・メイと本田美奈子さんに親交があったそうなので調査! 公開日:2015年12月16日(水) 05時 // 最終更新日:2015年12月16日(水) 05時 カテゴリー:2chまとめ(sc), バンドネタ, 雑談ネタ, 作詞・作曲ネタ 2019/10/13, OK ! クイーンメンバーの学歴は?来日前に4人の高学歴をご紹介! クイーンメンバーの仲は?現在と過去情報を確認!仲が良かったのは‥ それで、この記事では、クイーンメンバーの性格に関してご紹介します … クイーンのメンバーともなれば、かなりの収入があると言えるでしょう。 では、具体的にどのくらいの収入があるのでしょうか。 調べによると、現在のブライアンの総資産は 1億3500ポンド 、日本円にして 約191億円 になります。 この曲を「シングルカットした方がいいよ」とアドバイスしたのが、あのマイケルジャクソンだと言われています。. 1949年7月26日生まれです。この記事を書いてる時点では69歳です。 クイーンの中ではおそらくもっとも裕福な家庭で育ち、少年の頃は聖歌隊で歌っています。あの高音と喉の強さはこの頃から鍛えられたものなのかもしれません。 1965年からバンド活動を始め、1968年にSmileに参加してブライアンと出会います。Smileはクイーンの前身となったバンドでブライアン・メイ、ティム・スタッフェル、ロジャー・テイラーという構 … Zanzibar ! Queenはイギリスのロンドン出身の男性4人組ロックバンドで、1973年にデビューしました! 現在が2018年なので45年前になります( ・∇・) イギリス・アメリカ・日本を始め、世界中で成功したバンドの1つになります。 アルバムとシングルのトータルセールスは2億枚以上と言われております( ̄^ ̄) 2億枚とか多すぎてすごいのかどうなのか分からないくらいの枚数ですね(笑) そんな伝説的なバンドのメンバーは、 1. And – yes – I do know where this was … but I’m not telling …yet !! I got a new ‘look’ tonight in Columbus Ohio. Radio Ga Ga クイーン 1984/01/23 ¥250 . Greatest ever !! 大ヒット上映中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』の中でも登場する、クイーンの前身バンド「スマイル」。 映画のサウンドトラックには約50年ぶりに新録された楽曲が収録されたことでも話題となったスマイルの中心メンバーのティム・ス […] この曲の作詞作曲はクイーンとなっており、メンバー全員が楽曲製作に関わっており、曲のコード進行はジョン・ディーコンとロジャー・テイラーが作り歌詞やボーカルのメロディーラインはブライアン・メイとフレディーが作りました。 Bri, A post shared by Brian Harold May (@brianmayforreal) on Aug 19, 2019 at 5:05pm PDT, Just one more LIVE AID memory before bed. THANKS beautiful people for making such In incredible noise ! Here’s Freddie and Deacy on that stage exactly 34 years ago today. 誰もが知る伝説のロックバンド、クイーン。誰もが一度は聞いたことある有名な名曲から初期の独特な世界観をもつ名曲をまとめました。クイーンはメンバー全員が曲を書けるので、曲によって色が全然違 … Just one more bit of New Orleans nostalgia. クイーンは音楽的嗜好の異なるメンバー全員が作曲に参加するため、プログレッシブ・ロック、アート・ロック、グラムロック、アリーナ・ロックなどその作風は幅広い。しかしながら、多くの曲に共通して見られる特徴がある。 この記事ではクイーンのメンバーを、それぞれが作曲した曲と一緒に紹介します。 世界で2億枚のcdを売ったクイーン。 1971年イギリスのロンドンで活動を始めた彼ら4人は今も世界中で愛されています。 初期クイーンのメンバーは4人です。 1997年以降、クイーンとしての活動から遠ざかり、現在では完全に芸能界を引退しているにも関わらず、今なお、まるでメンバーの一員であるかのように語り継がれる。 Bri, A post shared by Brian Harold May (@brianmayforreal) on Aug 19, 2019 at 5:14pm PDT, フレディ・マーキュリーの死後、数回の公演に参加し、クイーンを引退してしまいました。, 当時のクイーンにこのような雰囲気の曲は少なく、イメージが変わるような一曲でしたが、アメリカを中心に世界中で大ヒットしました。, この曲は「ザ・ゲーム」というアルバムに収録されていますが、この曲を「シングルカットした方がいいよ」とアドバイスしたのが、あのマイケルジャクソンだと言われています。, 実際にアメリカで大ヒットしたのは、アメリカ人であるマイケルジャクソンからのアドバイスが大きかったのかもしれません。, もちろんメンバー内の衝突はたくさんあったと思いますが、それぞれの個性を尊重しているところがとてもいいです。, ブライアン・メイのインスタグラムをみていると、今でも4人全員でクイーンなんだという気持ちが伝わってきて嬉しくなります。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. この当時は7人でしたが、メンバーの脱退もあり現在は5人のユニットとなっています。 新しいAOAが今回「クイーンダム (Queendom)」見れるということで期待が膨らみます! Lovelyz (ラブリーズ) 【クイーンダムでもキュートさが光るユニット!】 作詞・作曲:ブライアン・メイ。 クイーンのデビューアルバム一曲目を飾る曲であり、クイーンの記念すべきシングル第一作目。 一瞬ですが、フレディ以外の歌えるメンバー2人(ブライアンとロジャー)が歌唱している場面があります。 A post shared by Brian Harold May (@brianmayforreal) on Aug 14, 2019 at 12:10am PDT, 愛用ギター「レッドスペシャル」はオールハンドメイドでコインを使って演奏しすることで有名です。, タイトルの由来は、ロジャーの子がまだ赤ちゃん言葉の頃、ラジオを聴いていて「ラジオ、カカ」(Radio caca) と言ったことに発想を得たものだという。彼は後にこの「caca」を「恍惚として夢中になる」「盲目的に熱狂している」という意味の「ガガ」(ga ga) に改めて曲名とした。, Happy Birthday JOHN !!! 作曲者:ブライアン・メイ(ギター) クイーンはメンバー4人全員が大の親日家でした。 というのもクイーンの世界的な人気に先駆けて、一番最初に彼らに注目したのは日本のファンだったというのが理由 … メンバー全員が作曲出来るバンドwwww. What a pleasure !!! 伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、人々を魅了するクイーンの音楽に脚光を当てた。1971年に結成されたクイーンは、史上最も成功したグループのひとつになった。本記事ではクイーンの楽曲トップ20のランキングを作成した。ここに入っていないお気に入り曲ももちろんあるだろう。 Drinking you a toast this evening. 1968年、メイが出したドラマー募集の広告を見て彼と出会い、スマイルを結成。スマイル時代からのオリジナルメンバーの一人でもある。彼がQueen時代に作曲した「Radio Ga Ga」は有名。 「ローリングストーン誌の選ぶ、歴史上最も偉大な100人のドラマー」で74位。 など、メンバーそれぞれに代表曲がある位、作詞作曲能力に長けているんです! 普通、ボーカルが作詞作曲するバンドが多いですよね? しかし、彼らは全員がそれをできるんです。 そして、全員レベルが高い! Bri — credit @nationwidearena facebook page – thanks ! Thanks @stereo.me for the clip.